圧力分布測定装置 FSA/BodiTrak_座る


センサマットと測定データ(スモール)

実際の活用例を見てみましょう

クッションの選択や適合に活用したり、姿勢の変化による圧の変化を、被験者ご自身が確認することにより、圧抜きを覚えてもらい褥瘡予防に。
(これらの写真は、2005年7月にパシフィコ横浜にて行なわれました、ヨッテク会場でFSAを使い「座圧測定トライアル」を行った風景です)

センサマットと測定データ(スモール+ミディアム)

チルト・リクライニング機構付いすの効果の検証(タカノコンバー3αにて測定)

FSAの幅広い活用シーン

床ずれ予防や、疲れ軽減や心地がよいなどのテーマに応じ、定量的な指標を用いて効率的ないす/クッション/靴/インナーの開発に。

スタンダードシステム (センサ数 256/1024)

床ずれ予防や、疲れ軽減や心地がよいなどのテーマに応じ、定量的な指標を用いて効率的ないす/クッション/靴/インナーの開発に。

ハーフベッドシステム (センサ数 864)

床ずれ予防や、疲れ軽減や心地がよいなどのテーマに応じ、定量的な指標を用いて効率的ないす/クッション/靴/インナーの開発に。